トップ

感染性の肺炎と病気の特徴とは

肺炎と病気の特徴

感染性の肺炎と病気の特徴

肺炎にも色々な種類がありますが、子どもが気をつけたい病気の一つがクラミジア肺炎です。潜伏期間が3~4週間と長く、幼稚園や小学校、家族のつば、咳、鼻水などにより感染します。病気の症状は数週間から1ヶ月咳が続き、38度くらいの発熱も起きる場合があります。この肺炎は自然治癒の可能性もありますが、感染力が強く、もともと気管支の弱い人にとっては急性気管支炎、喘息の悪化、中耳炎など体に良くない影響がありますので、完治と感染予防のため、病院で抗生物質の投薬治療を受けられることをお勧めします。クラミジア肺炎かなと感じる子どもをお持ちのご両親はお近くの小児科へご相談ください。

病気,子供

クラミジア感染症について

子どもがかかる肺炎の一つにクラミジア肺炎があります。クラミジアという病原微生物の感染による性感染症の一種ですが、それが肺炎の形で感染してしまいます。本来性行為によって、感染するものですが、子どもの病気として増加しているのは気になることです。母親が感染していることで、影響がある場合もありますが、出産時には新生児に感染すると、結膜炎の症状が出ます。おかしいなと思ったときには、必ず医療機関で相談をしてください。最近はこうした病気感染の低年齢化も増加していますが、そのまま放置しないことが何よりも大切でしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 感染性の肺炎と病気の特徴とは. All rights reserved.