トップ / インプラントのクリニック

インプラントのクリニック

インプラントとは

インプラントによる治療の流れ

インプラントの技法で治療する場合、抜けた歯の部分にむき出しになる歯槽骨の部分にドリルで穴を開けて、専用の金属片を入れて、人工的な歯を取り付ける流れになっています。ドリルで骨を削った後に専用の金属片を入れ込んだ場合、歯槽骨に金属片が完全にくっつくまで待つ事になります。金属片を埋め込んで、少なくとも6週間以上が経過したら、インプラントの上に人工的な歯を取り付ける治療を行います。食事などに支障が出ないように、歯の位置を調整しながら均等になるように施術を行います。

病気,子供

インプラント治療について

インプラントは、虫歯や歯周病、また外傷によって歯を失ってしまった場合、その機能を補う方法として用いられる最先端の治療法です。失ってしまった自然の歯の代わりに、人工歯根を顎に埋め入れて、人工歯を取り付けます。インプラントは1本から全ての歯に対応することができ、入れ歯やブリッジとは違い、隣の歯を傷つけたり、傷ついたことで失うこともありません。自然の歯と同じくらいの噛む力を回復することができるので、しっかりと噛むことができるようになります。

↑PAGE TOP

© Copyright 感染性の肺炎と病気の特徴とは. All rights reserved.