トップ / 市中肺炎の予防と特徴について

市中肺炎の予防と特徴について

市中肺炎の予防と特徴

街中で起こる肺炎と病気の内容

肺炎という病気は原因菌に感染することによって起こります。市中肺炎と呼ばれるものは、病院以外の場所、公共機関や家、職場等で感染した肺炎のことで、日常生活をしている中で感染したものを言います。肺炎球菌やインフルエンザ菌などが主な原因菌ですが、症状が重くなることもあるため、早い段階で医療機関を受診して治療に専念しましょう。抗菌剤の投与を行い経過観察を行います。日ごろからの予防法としては、感染源となる人の咳やくしゃみを防ぐために、人の多いところではマスクをするなどの病気にならないための対策が有効です。インフルエンザなどの市中肺炎の流行がある場合には特に気をつけておくと良いでしょう。

病気,子供

市中肺炎の予防と肺炎の特徴

肺炎はその名の通り肺に炎症を起こす病気で、息苦しさや発熱、その他の症状を引き起こすものです。重症化することもあり、抗生剤投与といった早めの治療が必要です。市中肺炎は普段生活している中で感染するもののことを言い、炎症を引き起こすウイルスに感染することで起こります。有名なものではインフルエンザ菌などがあり、高熱が起こり生活に支障が出るうえ、人に感染しやすいためしばらく隔離された環境で完治するまで病気治療を行う必要があります。咳やくしゃみで感染するため、すでにかかっている方もそうでない方も、予防のためにマスクをしたりくしゃみをするときは口元をハンカチで覆うなどの配慮をしておくとよいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 感染性の肺炎と病気の特徴とは. All rights reserved.