トップ / 予防のために歯科に行く

予防のために歯科に行く

手入れとしての歯医者

積極的な予防としての歯医者通い

歯医者に行くときは、概ね歯が痛い,歯にしみるなど症状が発生した際に訪れることが多いです。しかし症状が発生した時だけでなく、歯の病気予防として普段から半年に1回くらいの頻度で訪問することをお薦めします。普段から丁寧に歯磨きをしていても、虫歯ができることはあり得ます。歯医者に通うことでご自身の歯の兆候や異変を確認してもらい、もし虫歯など異常があれば、早めに摘み取ってもらえることが可能です。積極的な歯のお手入れ,病気予防としてお薦めします。

病気,子供

インプラント治療について

インプラントとは、虫歯や様々な理由で歯を失ってしまった方の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め入れて、その上に人工の歯を付けて、歯の機能や見た目を取り戻す治療のことを指します。入れ歯などとは違い、隣の歯を傷つけることがなく、自然の歯と同じくらいの噛む力を発揮することができます。インプラントに使われる金属はチタン製で、アレルギー症状を起こしにくく、錆びることがなく軽くて丈夫です。治療には必ずカウンセリングを行います。

↑PAGE TOP

© Copyright 感染性の肺炎と病気の特徴とは. All rights reserved.