トップ / 矯正をするメリット

矯正をするメリット

矯正に関する情報

矯正のタイミングについて

矯正のタイミングについて、悩まれる方も多いかと思います。永久歯が生えそろった時点で歯並びやかみ合わせが悪い場合は早い時点で歯科で見てもらう事をお勧めします。余り早い時期で成長途中でのあごの骨が固まるまでは矯正をしても逆戻りをしてしまう事もあります。しかし、早い時期だからこそ装置を付けずにマウスピースのみで治ってしまう場合も少なくありません。また、マウスピースである程度の修正をかけて、成長してから気になる部分を治療するという道もあります。かみ合わせは早い段階で治しておくと、健康への被害も避けられます。

病気,子供

歯列矯正とブラケット装着

出っ歯やガタガタになってしまった歯並びをきれいに治すのが「歯列矯正」と呼ばれる方法で、専用のブラケットを着けて歯を固定し、ワイヤーで少しずつ正しい位置に戻していきます。治療費は口蓋裂や顎が変形している等の理由から手術を必要とする場合は一部保険適用になりますが、基本的には全額自己負担で一度に大きく移動させる事は出来ないため時間とお金がかかります。矯正用ブラケットは、今は歯の裏側から装着する方法もあるので、治療をしている事は分かりません。顎に影響を及ぼす事もあるので、支障が出ないうちに治療を始めると良いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 感染性の肺炎と病気の特徴とは. All rights reserved.