トップ / 老人に多い誤嚥性肺炎とは

老人に多い誤嚥性肺炎とは

老人に多い誤嚥性肺炎

肺炎という病気とその予防

老人がかかりやすい病気の一つに肺炎があります。肺炎は、死亡率の中でも高く、危険なものなので侮ってはいけません。肺炎の中でも、誤嚥性肺炎は日常生活で注意することで予防が可能です。誤嚥性肺炎というのは、口の中の細菌やつば、食べ物などが、誤って気管に入ることで生じる病気です。そのため、誤嚥しやすい老人には身近な病気であると言えます。予防策としては、歯磨きをしっかり行い口の中を清潔に保つことと、誤嚥しないように気を付けて食事をすることです。水分からむせやすくなるので、心配な人はお水はとろみをつけて飲むと誤嚥しにくくなります。

病気,子供

老人に多い肺炎について

肺炎は命にも関わる重篤な病気です。肺炎の原因にはいくつかありますが、老人に多いものに誤嚥性肺炎があります。老人といっても健康状態がいい人にはほとんど起こることはありません。しかし、病気などによって長期の寝たきりの状態となり全身状態が悪くなると起こす可能性は大きくなります。人は食事の際に飲み込んだものは食道の方へ流れ、気管のほうに流れることはありません。かりに入ったとしても咳によって排出することができます。しかし、全身状態が低下していると容易に食べ物が気管のなかに進入し、咳をする力もないため、肺に炎症を起こしてしまうのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 感染性の肺炎と病気の特徴とは. All rights reserved.