トップ / 入院中に起こる院内肺炎について

入院中に起こる院内肺炎について

院内肺炎の特徴とは

入院中に起こる病気、院内肺炎

院内肺炎は、入院している際に抵抗力が弱まっている方が肺炎を引き起こす菌に感染して発症するもののことです。通常人の体にはさまざまな微生物がいますが、病気になるようなことが無いのは抵抗力が高いためです。重い病のため薬を服用している方はこの微生物に対して体を守ることが難しい状態になっており院内肺炎を引き起こしやすいとされています。肺炎の種類としては市中肺炎といって外の日常生活で感染するものもありますが、病気の発症率が一桁なのに対して、院内肺炎は20パーセントから60パーセントと高いという特徴があります。適切な治療が必要です。

病気,子供

肺炎のひとつ院内肺炎とは何か

肺炎の病気でも医療施設や入院中のさなかに発症する院内肺炎は院内における感染が原因となりすぐに症状として出るのではなく一般的に48時間後にその症状を引き起こすケースが多いです。院内感染による肺炎の病気のリスクは体の抵抗力や免疫力が低下しいる患者には大きな影響を与え発症の確率をさらに高いものにします。また些細な細菌によってもその院内肺炎を発症することが分かっており一般的な症状と比較しても感染が原因の経路によるものは重症化する場合も非常に多いのが特徴です。医療現場を訪れる際には患者に対しての病原菌を防ぐためにも手洗いなどの注意と配慮が必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 感染性の肺炎と病気の特徴とは. All rights reserved.